2009年6月23日 (火)

鴎外温泉

Ogai1

ここは台東区上野なんですが・・・

え?

そうなの??

→ とりあえず中へ進む

Ogai2

また登場coldsweats01

ここへ何しに来たかというと・・・

温泉 が目的でしたheart04

Ogai3

その名のとおり 

鴎外温泉 「水月ホテル 鴎外荘」 (HP)は
文豪、森鴎外ゆかりのお宿だそうです。

館内には旧居も残っていました。

「舞姫」を執筆したお部屋もあり
今も宴会等で利用されているとのこと。

Ogai

まずは気になる温泉へ。

Ogai5

■重炭酸ソーダ泉 Ph8.3

■限りなく無色透明に近い黄褐色 無味無臭
(だけどなーーーんとなく薬草のようなにおいもちらほら・・・)

■アルプス天然水 飲み放題

*美肌満足度 ★★★☆☆

ツルツル感はあるんだけど
何だかね、これといった印象があんまりないかも。。。

でも泉質から
きっと角質層を軟らかくしてくれたはず。

ちなみにこちら

「都内第1号」「天然温泉」


なんだそうです
shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月31日 (日)

大正ロマン♪畳の温泉

Kasiwaya1_3

別所温泉では柏屋別荘(HP)にも
おじゃましました。

つつじが名物のお宿にはつつじが2600株もあって
見頃のときだと、それはそれはうっとりだそうshine

・・・でも

Kasiwaya4

今年は例年より終わりも早かったそうで。

残念ながら、お疲れ様つつじとなってましたweep

Kasiwaya7

専務よしやちゃんに出迎えられ
(本物に会ってジャンケンに勝つと何かいただけるが会えずweep

まずは目的の温泉へGO~chick

Kasiwaya2

大きすぎない露天風呂。

でもここで特筆すべきは・・・

Kasiwaya3 

畳!?  Σ(゚д゚;)

ウワサでは聞いていたけど本物を見てやっぱりビックリ!!

さすがに い草の香りはしませんでしたsweat01

■単純硫黄温泉 Ph 8.8 

■硫黄泉にしては源泉の温度が低め(50.9℃)で浸かりやすい

■近くにある石湯と同じ別所温泉4号源泉が100%かけ流し

■無色透明だけど匂いも味も THE 硫黄!!そのもの

硫黄ならではの清涼感が感じられる湯ですclover

ビニールの畳とわかりつつも
なんだか申し訳ないような気がした温泉でしたcoldsweats01

この湯に期待できるのは・・・

まずデトックス。

そして美白!!
メラニンの代謝を促進 →シミ&くすみよ、さようならpaper

・美肌満足度 ★★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年5月 1日 (金)

温泉マークのカプチーノ

Kasiwa200904

温泉マークのカプチーノが有名な
四万温泉にある柏屋カフェ (HP

四万温泉に行くとかなりの確率で立ち寄って
ほっこりさせてもらってます。

そこそこ前からあったカフェだけど
最近またテレビのOAの影響で混み合ってるみたいですねnote

日曜に行ったんだけど
ETCの1000円祭りの影響からか?

とーーーーーっても
とーーーーーーーーーーーーっても

四万温泉はどこでも大混雑していましたsweat01

積善館も
やまぐち館も

人・人・人!!!

平日行った時もそこそこ混んでいたけど
やはりここは人気が高いんだなぁと改めて実感しました。

今年のGW、
明日からって人も多いですよね~
(わたしもちょっぴりだけど味わえるheart01

わたしもETC祭りにあやかって

明日と明後日温泉に行くんだけど・・・

渋滞が心配だsweat01

・・・どうかタイミングよく、道が順調であっさり到着しますようにclover

↑こーんなムシのいいことを夢見てさっさと寝ますheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

バラと混浴

Tousyukan1

老神温泉郷にて湯めぐりしました。

このあたりの桜はちょうど満開でテンションup

Tousyukanuti1

3つとも温度が違いました。

一番ぬるいところでは比べてみると少し白濁している。

Tousyukanrose2_2

露天風呂には

バラ・バラ・バラ~!!shine

もちろん本物note

■アルカリ性単純温泉 Ph8.4

■無色透明な湯だけどほんのり硫黄臭がする

→分析表では表記がないのにどう考えても硫黄・・・

ご主人に聞いたら弱硫黄とは表記ができないから、
という理由で単純泉だそうです。

でも弱硫黄泉と言った方が伝わりやすいよね~とのこと。

・・・納得です。

分析表だけではわからないこともあるなぁとしみじみ。

Yumotohanatei

お次はこちら。

東秀館のお隣さんにある

湯元華亭(HP

ここでも・・・

Yumotohanaroten1

バラの露天風呂note

いろいろな色のバラがとってもゴージャスheart04

Yumotohanauti1

内湯も清潔感と開放感がありました。

■単純温泉 Ph7.5

■バラいっぱいの露天風呂の他に気泡風呂もアリ

バラって女性ホルモンを促すと聞いたことがあります。

お姫様気分になれるのはもちろん
毛穴にも効果アリ、
となるとアンチエイジング効果もあるのね~heart01

2つ比べて見ると・・・

泉質でいうなら東秀館に断然軍配が上がります。

源泉掛け流しだし、湯の感触もはっきり違うのがわかる。

でも

湯元華亭は造りが女性受けするかもという印象かな。

泉質だけならば・・・

今回は行かなかったけど
東明館の硫黄が一番しっかりはっきり。
Toumeikan2

だけど

やっぱり老神温泉ではバラと混浴したいなshine

今日はバラ三昧だったので
アンチエイジングはもちろん女子力UPしたに違いないhappy02

美肌満足度 ★★★☆☆

(でも女子力UP効果は期待できるので満足ですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

バリ・・・??

Bari1_2

ビューティー講座が終わって、
懇親会も終わって、
そのあとの夜お茶という名の軽い飲みをして、

気がつけば

日付が変わってて・・・

でもまだまだ元気なわたしと同期のしゅみさんclover

ほろ酔い状態となって
かなりいろんな毒を出したにもかかわらず
まだまだ足りなかったみたい・・・

温泉に行きたいと突然言い出すspa



日付が変わってもやっているありがたいところを
適当に探してみる。。。

ユニークそうなものが川口にあったので
元気なわたしたちは行きましたよ~

ヌサドゥア(HP

名前からしてもかなりバリを意識してるのがよくわかる。

ここにはむちゃんも若干無理やりGOnote

Bari02

無意識に温泉に足を入れたら
突然ボーッと吹き出すからびっくり!!

しかも下には足ツボが刺激されるつくり。

Bari6

*突然思いついて行ったから相棒がいないのですcoldsweats01

■ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉 Ph8.0

■名前からしてバリなんだけどギリシャ風?オリエンタル??

■底が見えないくらい濃厚、黒湯で泥炭臭がする

→入ってるときは泉質どおりつるつるになる湯で湯上りはさらさら

■美肌満足度 ★★★★☆

Bari03

バリというよりタイなゾウさんsweat01

Bari4

この怪しげな湯、だけど・・・

美白の湯と書いてあったから
もちろん入湯note

入る前は正直あんまり期待してなかったんだけど
なかなか侮れない温泉でした。

埼玉にこの黒湯はかなりレアかも。

実は川口には今月末
もうひとつバリな温泉ができるみたいで。。。

そっちも行ってみたいな~

でも・・・

なんで川口がバリ??

しかも

またオープンしたらなおさらなんで??

最後までわかんなかったcoldsweats01

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年4月17日 (金)

温泉ビューティーソムリエ講座

Kougi1

昨日は温泉ソムリエのステップアップ講座を受講してきました。

講師は温泉ソムリエ取得をきっかけに今では大躍進なさった
業界では有名な石井宏子さんと温泉ソムリエ生みの親遠間先生。

石井さんは元外資系化粧品会社勤務経験を生かして
オリジナルな温泉道を求道なさっている方です。

職歴からして
温泉の泉質を化粧品の役割に置き換えるのは得意分野。


温泉ビューティーという言葉も
石井さんが商標取ってあるんです。

ということでこの講座を受講すると
もれなく温泉ビューティソムリエに認定されるとのこと。

つまり

この認定により温泉ビューティワードも
しっかりお伝えできるようになれるわけですshine

この日も多くの温泉ソムリエが全国各地から集まりました。

内容が内容だから女性が多いかなぁと思ったけど
むしろ男性が多い印象でした。

6割くらいだったかな。

久しぶりに会った温泉ソムリエの同期や
懇親会などで既に知ってた顔が結構あったり。

なかには
実は講師以上にある意味すごいんではないか?

とにかくいろんな方面ですっごいと思う方がたくさんいて、
実はそっちもかなり面白くて勉強になって。

いい刺激になりました。

実技編で行ったパックも
実はわたしもあの温泉に行って以来実践してたり( ̄ー ̄)ニヤリ
(そのときのブログ

でも

わざわざ道具がなくても実はできることがわかって以来
この方法でしていなかったから久しぶり。
(その我流の方法は機会みてアップするかもcoldsweats01

講義そのものはもともとの発信源である
遠間さんの温泉ソムリエのベースにかなり忠実。

特に目新しいというものはないけど、

違う方、さらに女性の視点ともなるとこういう形になるというのが
よくわかりました。

どんなことも学びですね。はい。

この日もたくさんのことが吸収できたはずnote

この講座を受けて・・・

講座とはあんまり関係ないんだけど
逆に自分が表現したいと思ったことや
実は盲点だった?と思う大事な部分に気がつきました。

さ、頑張ろうnote

Book1

前後6人グループになりお題が出され
プレゼンをしたんだけど
見事うちのチームが優勝heart04

優勝でいただいた講師石井さんの本を持っての
記念写真ですshine

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年4月16日 (木)

赤城温泉ホテル

Akagionsen1

ウェルカムはむちゃんshine

というわけで行ったもう一つの温泉が

赤城温泉ホテル(HP

Roten1

このあひるさんってば場所を選ぶかと思ったけど
意外とどこでも大丈夫でしたclover

Akagiutiyu

■カルシウム・マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉 Ph6.5

■緑がかったにごり湯は無味無臭

梨木といい赤城といい
ナトリウム泉三昧のおかげで日頃の疲れが取れたのはもちろん
ポカポカ効果もかなりあったに違いないnote

周辺にある赤城の温泉の中で
にごり具合はここが一番かも。

赤城の温泉は
滝沢館も湯之沢館も行ったことがあるけど
どこも風情があって素敵なところだと思います。

(でも女性受けしそうなのは湯之沢館かもしれない)

実は以前この赤城の温泉では
暗い夜道の運転で迷いこんで泣きそうになったんですweep

ナビもあてにならないし
とにかく変なところに入ってしまい・・・

街灯もなくて本当に怖くて怖くて
ちょっとトラウマみたいになってたのでした。

そんなこんなで久しぶりに行った赤城の温泉。

この機会に魅力を再発見できてよかったです。

・・・でも

明るい時間に行きますchick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

京都を味わい尽くす旅②

予告すると、京都ネタがしばらく続きます。。。

おつきあいくださいませheart01

さて今回ステイしたホテル

Montoreent1

モントレ京都(HP

なぜここを選んだのかというと・・・

こちらってば

地下1000mより湧き出る
温泉が楽しめるとのことheart04

京都の中心地で
温泉で疲れをほぐしてくれるのはとても魅力的note

これは・・・行かずにはいられないcoldsweats01

狙ってましたshine

でも・・・
まぁ場所柄大きな期待はしてなかったのですが、

これが意外と?いい湯spa

Monntorespa1

奥は露天(風)風呂、
ジャグジー、温泉、源泉風呂、水風呂がありました。

■含鉄ーナトリウムー塩化物温泉 Ph7.3

■最上階にあるスパからは京都市内を一望できる

■リラックスできる施設が充実

■オリジナルのアメニティーが素晴らしい!!

Monntorespa2

茶褐色の湯は少しぬめりアリ。

泉質どおりよく温まるしデトックスできる湯でした。

疲れが取れスッキリ爽快note

思いのほか満足できました。

とはいえ

京都の旅において温泉はサイドメニューcoldsweats01

メインディッシュはほかにあります。

この季節のお楽しみといえば・・・

もちろん桜cherryblossom

春の京都は初めてでしたが
とても美しくてうっとりheart04

しっかり愛でてきました。

Okazakisosui1

Okazaki1

結構葉が出始めていた中
岡崎の桜が満開で見事でしたheart04

もちろん十石舟に乗って25分間、
疎水の周りにある桜も存分に堪能heart04

Sosui1

20090407090353

風もなくポカポカだったので
最高のお花見舟でしたnote

Maruyama1

夜桜で有名な円山公園の桜cherryblossom

昼の姿もとっても美しいshine

Tetugaku1

哲学の道の桜は一生の思い出になる・・・

よく聞くけど確かに見事shine
ところどころ、木によっては葉桜になりそうなのもちらほら。

でも桜吹雪もキレイで、
物思いにふけるどころかうっとり見とれました。

Kiyomizu4

清水寺も

Yasaka1_2

八坂神社もギリギリ桜が楽しめました。

あ、
ここに来たら必ず立ち寄るところ・・・

美御前社

お肌の健康を守る神の美容水が湧き出てますclover

Yasaka2

立札には

お水を2,3滴お肌につけて下さい とのことですが、

・・・ホラ、人よりアレなんでsweat01
たっぷり浸透させてきましたcoldsweats01

毛穴がキュッと引き締まった感じがするnote

ちなみに心から美しく磨かれる美容水だそうです。

Nijyou4

夜桜は二条城へ。

とにかく見ごたえあって素晴らしかったcherryblossomNijyou2

Nijyo

春の京都、最高heart01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

春の長瀞秩父ことりっぷ

Wadou1 Wadou3

秩父七湯のうち最も古い歴史を持つ 
和銅鉱泉 和どう (HP)へ行きました。

Wadou8

露天風呂から本物のアヒルが見えるとのお話で
期待していたんだけど・・・

どこかお散歩に行ったのか??
残念ながらお目にかかれずweep

でも、

Wadou5

あひるの保護者たちも
日頃の疲れをこちらの湯にてほぐしてもらいましたheart04

Wadou7

Wadou4

なぜかこんなものがいた
  ↓

Wadou6

たけのこの里が食べたくなるような
置物にびっくり!!

■清流横瀬川を眺めながら、いたら本物のあひるも楽しめる温泉

■弱アルカリ性低張性冷鉱泉 Ph7.7  

さて

鉱泉と温泉の違いとは??

地下の湧水で医学的見地から治療成分を含んだ水で
25度以上だと温泉、それ未満は鉱泉と呼ばれるとのこと。
(こちらは源泉が10.5℃と書いてありました)

というのがそもそもの言われだったんだけど・・・

最近温泉法が変わっていくつかある基準のうち
1つでも満たしていれば(こちらではメタほう酸)
温泉と認められるようになったのでこちらもしっかり温泉spa

くせがないやさしいお湯は
いつまで入っていても湯疲れしないいたわりの湯でしたnote

このあとは秩父長瀞といえば
避けて通れない?あのお店へ。

Asami3

おなじみ 阿左見冷蔵penguin

夏から秋はとんでもなく混むけど
この季節は待ち時間ナシ。

Asami4

ふわふわしていてとってもおいしいheart04

わたしがいただいた甘酒味のほか
桃もみかんも桜あずきもキャラメルも
甲乙つけ難いおいしさheart04

Asami2

テーブルに飾られた桜もキレイcherryblossom

桜といえば・・・

Fuda1_2

Fuda2

かつみさんにご案内してもらった
秩父札所16番のしだれ桜がとっても見頃でうっとりcherryblossom

今日はいろいろと埼玉再発見多しでしたshine

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

砂風呂でデトックス

Nagomi1

羽生でパンの帰りには

森のせせらぎ なごみ HP)へ。

ここ、
結構リピートしています。

こちらの砂風呂が
とーーーってもイイんですheart04

初めて砂風呂と出会ったのは
めんこい時代にリポートで行った、

砂ゆっこHP

砂の重さで体のコリも取れるし
ほどよい暖かさで汗もどっさりかけるし

デトックス効果を求めても期待に応えてくれるheart01

以来ファンになってプライベートで何度か通いました。

デトックスといえば、
もちろんお湯に求めることもできるから
ナトリウムの温泉や酸性のお湯など、
そういう泉質のところに行けばいいし、

あと手軽だから

岩盤浴やゲルマニウム温浴という選択もあるけど・・・

やっぱりわたしには

砂風呂が一番効果アリなのです!!

関東でも砂風呂を求めて

大江戸温泉や
九十九里にある太陽の里にも行きました。

どちらも効果が出るからいいんだけど、

砂風呂の評価なら
なごみが一番だと思っています。

だいたいのところが15分。

でも
なごみは基本20分だけど時間オーバーOKなんですnote

心おきなくデトックスできるheart04

もちろん

事前に温泉で体を温めておきます。

■ナトリウムー塩化物温泉 Ph7.6

■循環方式の源泉かけ流し

■鉄分が含まれている茶褐色の湯

湧出量:779l/分で湯量豊富だし
湯の花も乱舞していますnote

なかでも洞窟風呂がお気に入り。

Nagomi3

何だか光ってるんだけど、

中には・・・

Nagomi4_2

水晶さんが鎮座しているんですflair

風水で置かれているそうですが、
何となくわたしも眺めつつ手を合わせてみたりcoldsweats01

じっくり体を温めてから砂風呂へ。

今回は30分くらい頑張りました。

マラソンとか運動に似ていて、
ここらで出ちゃおうかなぁと何度かよぎるけど・・・

基本の20分は出たくないという意地との勝負。

でも20分過ぎちゃうと結構大丈夫。

そのあとは気がつけば・・・なんです。

頑張ったおかげで

肩こりとさようならしたのはもちろん、
(この効果は1週間くらい持続するのですheart01

見た目も結構はっきりわかるほどすっきり!

脚のむくみも取れて少しほっそり!!

一夜明けて

朝体重を計ると・・・

体重 -1.2kg で 体脂肪 -1happy02

これだから砂風呂はやめられないnote

美肌&デトックス満足度 ★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)