2009年7月29日 (水)

千葉で人気の硫黄泉

Siti1

養老渓谷へ向けて走っていたら
満車で気になる温泉をみつけました。

flair

これが

七里 田 温泉に間違えてしまいそうな

七里 川 温泉か!!(←全然別モノなのにごめんなさい)

以前温泉ビューティー講座時に
ここを強くお勧めされたのを思い出して。。。

で、お立ち寄り。

Siti7

あぁ懐かしの昭和の香り・・・

一歩足を踏み入れたら
カラオケも聞こえてきました。

地元の憩いの場なんですね。

Siti4

■単純硫黄冷鉱泉 ph7.9

■内湯と露天2つ
(写真奥の湯は地下水を沸かしたものだそう)

■湯量豊富。加温、源泉かけ流し

■カランもシャワーも温泉

Siti5

東京湾岸から房総あたりにかけてよく見られる
黒湯ではなくて、

山より海な千葉にも硫黄泉があったのね。

黄色がかったお湯はほのかに硫黄のかおり。
つるうる、すべすべの湯でした。

Siti6

フレッシュな湯はアワつきがいいheart01

*美肌満足度 ★★★★☆

期待できる効果はズバリ美白!!
(シミやくすみよさようならpaper

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2009年7月21日 (火)

千葉で美肌作り

Rinkei1

房総=海~!!

ずっとこう思っていたんですが・・・

海沿いの道からちょっと1㎞くらいで
里山に畑。

こんな田園風景があるとは知りませんでした。

Rinkei2

目的はココ ↑

千葉で唯一の日本秘湯の会に入っているお宿で
カリカ林さんのご実家でもある

林景荘 へ行くことでした。

カリカ林さんも
たまに実家のことをブログでUPしていますよ。
(ブログ → 

千葉って実はほとんどが冷鉱泉で
温泉で惹かれる要素を探すのが難しいところが多くて。

以前出演した朝はビタミンのDからも
「千葉でいい温泉ってドコ?」と聞かれても、

・・・それはドコ?

逆質問したくなったり。。。

ぶっちゃけ今ひとつな印象でcoldsweats01

これまであまり足を運ぼうとしなかったのですが、
探せばいいところもしっかり存在するんですね。

(これまでゴメンナサイって感じですsweat01

Rinkei3

カリカ林さんのご両親2人で切り盛りしているお宿は
とっても温かいおもてなしがイイです。

そして

お食事はもちろん海の幸でした。

地魚のお刺身はどれもおいしいけど
アワビが特にやわらかくておいしいheart01

Rineki4

Rineki5

ひとつひとつがすごく丁寧な仕事をされていて
どれも絶妙なバランスで心に響きました。

もちろん温泉も素晴らしかったです。Rinkei5   

■ナトリウムー塩化物泉 Ph7.8
(お肌の潤いUP&カロリー消費も期待できるheart04

■源泉かけ流し 加温はアリ

■男女別の内湯のみで民宿のお風呂という感じ

■ウーロン茶に近い茶褐色で少しアブラ臭あり

夜に入った時には見られなかったけど
朝は岩の隙間から断続的にアワが出ててビックリ!!

お肌にまとわりつくようなぬめりが感じられ
湯上り後はしっとりうるうるでスベスベ肌となってましたheart01

Rinkei7

*美肌満足度★★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

山里の静かな一軒宿の温泉

Syoya01

軽井沢へ行くと
ほぼ毎回星野温泉に立ち寄ってますが
今回は違ったところに。

初谷温泉(HP)へ行きました。

目的は・・・

アワを味わうためheart01

Syoya1

写真手前が温泉で奥がさら湯。

Syoya2

■含二酸化炭素ーナトリウム
 ー塩化物・炭酸水素塩冷泉 ph6.47

(むくみやくすみとはさようならpaper

■泉温は14.3℃で加温。二酸化炭素は1163mg

■自家源泉かけ流しの湯で内湯のみ

■薄く赤褐色・無臭だけどちょっとベタベタする湯

*美肌満足度 ★★★★☆

浴槽の床や縁にはカルシウム分が付着していました。

炭酸は加温のためだいぶつぶれてしまったけど
それでも
なーーーーんとなくはサイダー湯が味わえましたよclover

Syoya3

Syoya4

外には源泉があったのでいただきました。

味は鉄味のサイダー(そのまんま)ですcoldsweats01

・・・胃腸に効くそうですが良薬口に苦しですね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月12日 (日)

アワを求めて…福島へ

Kikusima1



GWにアワを求めて
福島へ旅したときに立ち寄った

新菊島温泉ホテル

・・・なんだかB級感が漂ってますcoldsweats01

入ると商売っ気のなさそうな
おばさんに一応出迎えられますが、

・・・ちょっとコワかったcoldsweats01

とりあえず壁にいた天狗にもこんにちはして
いざ温泉へ。

Kikusima3









いやぁ~
この湯はすごいtulip

ヌルヌルで・・・
わたし尻もちつきましたsweat01
(コケでも生えているのかと思ったcoldsweats01

とにかく転倒注意です!!

湯量もすごいし
立って歩くのは大変な湯でした。

Kikusima4







女性専用温泉から
トンネルのような岩の先は・・・

混浴の浴槽が広がっていますclover

この混浴は広い!

扇型の浴槽は
外周が約23mで約7メートルもあるとのこと。

もちろん事前に聞いて
楽しみにしていたアワつきもすごい!!

Kikusima5






■アルカリ性単純温泉 Ph8.41
(肌の汚れや古い角質を落としてスベスベ)

■湧出量 1分間に1139ℓ

■混浴には2カ所湯口あって湯がドバドバかけ流されている

■淡い黄褐色の湯は金くさいいわゆる鉱物臭
(でもモール臭にも似ていた感じもアリ)


湯気でやや視界不良になるので
混浴でも大きな心配はしなくても大丈夫かも。

ぬるめだし
ゆっくり長湯できるので長湯でき、、、
しちゃいましたheart04

湯を楽しんでいるうちに
結構長い時間が過ぎてきたことに気がつきましたsweat01

しつこいけど・・・
ホントに素晴らしい湯ですnote


本当は
不動温泉まるなかにも立ち寄りたかったけど
わたしが立ち寄ったときは営業していなかったので、
(7月からまた再開されたそうです)

まるなかに行く時には、ここにもまた立ち寄りたいな。

お気に入りの温泉のひとつとなりました。

*美肌満足度 ★★★★★(満点)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月11日 (土)

黒川で一番人気♪

Yamamizuki1

大分旅でのメインディッシュは
アワの清涼感を楽しめる炭酸泉めぐりでしたが、

大人気の黒川温泉に
まだ行ったことがなかったのでちょっとお立ち寄りclover

なかでも一番人気だとあちこちで評判の
山みず木(HP)へ。

実はこのほかにいくつか狙ってて、
行きたかったところもあったけど…

Kurokawa1

 

。。。。。

うーん残念weep

確かに夏休み前の一息ってところだったのかな。
初めてだったから比較できないけど
行ったときは閑散としていた黒川だったのでした。

でも一番人気には立ち寄れてよかったheart01

Yamamizuki2

脱衣所からすぐに視界に飛び込んでくる
この専用露天風呂。

よくあちこちで目にする写真のまんまだ~

感動Yamamizuki3&感激chick



こちらの混浴も平日はガラガラ~note

この混浴露天ちょっと熱めに感じました。

体感温度は44~45度くらいはあったかも。

Yamamizuki5





露天もいいけど

わたしはこの(半)露天が一番うっとりshine

非日常、
自然との一体ってまさにこのことかもと思ったりchick

Yamamizuki6

■ナトリウムー塩化物・硫酸塩泉(共同源泉)

■無色透明。若干ヌルヌル・ちょっぴり硫黄臭
 (細かい湯の花の舞アリ)

■混浴露天以外は少しぬるめ(40℃ないと思う)

*美肌満足度 ★★★★
(泉質以上に女子喜ばせ要素からキレイになるのかな)

敷地の森の中には小川が流れ、
滝を眺めながらゆったりのんびり。

ちょっと裸の散歩道があって、

古式日本建築と
和モダンな感じが絶妙で。

これは・・・
女子を喜ばせる要素が満載で
人気を呼ぶわけだなぁと実感したのでした。

他のところも気になるし、

次回訪問時はお泊りして味わい尽くしたいなclover

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 5日 (日)

青い名湯@由布院

Syoya3_2










せっかくいい湯がたくさんある大分ですから。

炭酸泉以外の湯も味わってきました。

大分に行ったらぜひ行きたかった由布院。

おいしいものがいっぱいだし
街並みもステキだし魅力がいっぱいheart04

この地でも温泉を味わいたくて向かったのは

ゆふいん庄屋の館HP

ここは由布院温泉の中でも
温泉ツウの間では結構知られた存在です。

Syouya2











うわぁ~

本当にびっくりするほど青い!!

この湯に魅せられ、多くの温泉ファンが
集まるというわけなんですtulip

もちろん何か入れたわけではなくて
自然の力でできたんだからすごいな~

Syouya1












■ナトリウムー塩化物・硫酸塩泉 Ph9.0

■自家源泉(地下700mより自噴)

■100人は大丈夫という規模の広い露天風呂と絶景

■ちょっとしょっぱい湯・無臭

■温度は場所によって熱めのところと温めのところアリ

Syoya5








このあたりはさすがに熱すぎだったsweat01

ここの特筆すべきは・・・

なんといってもこの青い湯の正体である
メタケイ酸の数値。

510.3mgも含まれてましたヨ!!

すごいsweat01

とろーりしっとり系のローションもビックリだ。。。

これだけ含まれているだけあって
湯感はヌルヌル。

湯上がりはすべすべの極上肌に仕上がってましたheart01

青い湯と白い析出物のコントラストが
とにかく素晴らしくて美しかったclover

西日本最大のコバルトブルーを誇る露天風呂は
実に圧巻でしたnote

*美肌満足度 ★★★★★(文句なく満点)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

アワを求めて・・いざ大分へ

Awa1

spaその① 筌の口温泉 山里の湯

今回の大分への旅にあたってのメインテーマは、

【アワをとことん味わい尽くそうheart04

半端じゃなくすごい炭酸泉が大分では
いくつも味わえるんですheart01

これまでアワ湯に惹きつけられ
各地のアワ湯を堪能してきました。

でも、

アワを語る上で
大分の湯に入っておかないとお話にならない?

・・・実はこれまでそう思っていて、これでもひっそりしてましたcoldsweats01

とにかく

この土地の湯との出会いを
本当に楽しみにしていたんです。

大分の地に足を踏み入れて
まず向かったのは

筌の口温泉の中でも
アワつきがいいと評判の山里の湯へ。

Awa2

Awa3

■含二酸化炭素ーナトリウム・マグネシウム・カルシウム
 ー炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉 Ph 6.3

(むくみ、くすみもさようならの他、弾力UPなど盛りだくさん) 

■内湯のみで2人入ったら満員御礼状態 

■少し金気臭と炭酸のにおい、無色透明、赤い湯花が舞う

■遊離炭酸 1080mg/kg (1000オーバーはやっぱり違うsweat01

Awa4

すごい!素晴らしいheart01

細かいアワがびっしり!!

すぐにアワまみれです。

床は鉄分で赤く染まってました。

38度くらいの湯で
長湯しても湯疲れしません。

幸先いいスタート湯でしたshine

*美肌満足度 ★★★★★

Awa5

spaその② ラムネ温泉館(HP

長湯温泉は由布院、黒川の次に注目されているとのこと。

なかでも

ラムネ温泉ははずせない存在でぜひ入りたかったんです。

Awa6_2

まず内湯で十分ポカポカにしてから露天へ。

この湯も炭酸泉だけど
加温されているのでアワはつかないのです。

Awa7

Awa8

■含二酸化炭素
 ーマグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉Ph6.3

■炭酸濃度はバブの12倍 (1200ppm)

泉温は33度くらいとのことだけど、
はじめはやっぱり寒い!!

でもシュワシュワ音を聞いていると
炭酸泉だなぁと感激しました。

やっぱり炭酸泉はイイなheart04

比べてはいけないんだろうけど・・・

実は七里田の後に入ったので
感動が薄くなってしまいましたcoldsweats01

十分すごい湯なんだけど。。。

*美肌満足度 ★★★★★(やっぱり満点)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年6月27日 (土)

日本無類の炭酸泉

Sitanyu1

Sitanyu2

heart01 heart01 heart01

北東北で素晴らしいにごり湯と出会って以来
しばらくにごり湯を追い求めてたけど、

ここ最近は炭酸泉にメロメロなんですheart04

温泉ソムリエに認定されたばかりの頃、
同期に教えてもらったのがここ

七里田温泉 下ん湯

ずーーーっと
ずーーーーっと

この湯と出会える日を心待ちにしていました。

ついに自分の目で、肌で
最強だと言われるアワを体感できましたよhappy02

Sitanyu3

Sitanyu4

この湯 ホントにすごい!!

アワなんだけど、炭酸飲料にある炭酸!!

ラムネ湯どころかサイダーとかペリエ級のアワに
ただひたすら感激、感動でしたclover

Sitanyu5

■含二酸化炭素ーマグネシウム・ナトリウム・カルシウム
 ー炭酸水素塩・硫酸塩泉   Ph6.3

■炭酸の弾ける音とともに金気臭 

■赤褐色の析出物と体にまとわりつく気泡がすごい

■湯は37〜8度くらいの温め

入ってすぐ、全身は大小さまざまなアワに包まれます。

アワ、炭酸もすごいけど
それ以外の成分も素晴らしいflair

炭酸水素塩泉
→肌表面をやわらかくして古い角質や汚れよさようならpaper

硫酸塩泉
→コラーゲン生成の活性化作用に期待(肌の弾力&ハリUP)

そして

二酸化炭素泉で血行促進してむくみやくすみともさようならpaper

かなり高濃度な炭酸泉の炭酸の濃厚さは
ハンパではありませんでした。

出るのが惜しくてさみしい・・・
帰りたくない・・・weep

そんな温泉でした。

*美肌満足度 ★★★★★(もちろん満点)

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2009年6月17日 (水)

湯の花旅館@万座

Yunohana1_2

草津に行ったら・・・
万座もセットで行きたいheart04

万座温泉では
今まで行ったことがないところ狙いです。

(あ、日進館には隊長が行きたいと言うので行ったケドcoldsweats01

鄙びた感じがステキな湯の花旅館ですnote

実は
以前テレビで特集されたこの旅館。

内容は 

「お客が来ない宿を建て直す!」 でした。

お湯はいいのに
掃除が行き届いていなかったり、料理が冷たかったり・・・

番組内で原因をつきとめ
あれこれ立て直したわけです。

それが印象に残っていて。

今回ぜひ自分の目で見てみたいと思ったのです。
(日帰りでしたがcoldsweats01

Yunohana2

露天風呂は混浴なので
女子風呂からいないことを確認してGOchick

Yunohana4

高原を見渡せる露天風呂は
開放感あって素晴らしいshine

ぬるめで長湯できます。

そこまで大きくない混浴だけど
狭い!ってわけでもないかな。

10人は厳しいかもしれないけど。。。

Yunohana3

露天もいいけど
わたしはこっちの内湯が素敵だなぁと思ったり。

清掃がキレイにしっかりしてありましたshine

Yunoihana5

内湯には
サルノコシカケがいて薬湯効果アリ。
(HPほどいなかったけど・・・)

■ラジウム北光泉 
 酸性ー含硫・マグネシウム・ナトリウムー硫酸塩温泉Ph2.5
(ここでも美白&デトックス)

■少し青みを帯びた白濁の湯
(日によって違うとのこと)

■飲泉可で湯呑アリ

■源泉かけ流し 消毒の必要がない湯

■美肌満足度 ★★★★★ 

硫化水素臭が充満しているけどきつくはないです。

酸味のあるたまご臭味にサルノコシカケなのかな?

結構おいしいですheart01

さらっと、スベスベの湯でした。

こちら自炊場があったけど、結構人が多かったです。

やっぱりお客様が来ないのには
それなりの理由があると思うんです。

実際に万座でも

プリンスや日進館は平日でもとってもにぎわっているし。

それはキャパだけの問題ではないはずです。

だって他の温泉地にある鄙びた湯宿で
予約が取れないほど人気なところだってあるわけですから。

でも

いい変化は必ず実を結ぶということを
自分の目で確認できました。

最近

さまざまな事情・問題によって
廃業する温泉宿が増えています。

本当に残念です。

できることならば・・・

これ以上廃業のニュースを聞きたくはないな。。。

最近特にそう思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月16日 (火)

ての字屋@草津

Tenoji1

Tenoji2

草津の中でもいつか行ってみたいと思ってた

ての字屋(HP

先日行ったらあじさいがちょうど見ごろで
わたしたちを出迎えてくれましたheart04

Tenoji3

Tenoji4

(写真撮影はお宿から許可得てますが、本来写真NGです)

すっごい湯の花flair
(よーく見ればわかるかな??)

草津の湯は湯花が多く舞うところが多いけど
ここはそれにしても多い!!

■酸性・含硫黄ーアルミニウムー硫酸塩・塩化物温泉 Ph2.2
(ピーリング・美白・デトックス・メタボ解消など・・・)

■草津温泉唯一の天然岩風呂

■硫黄独特のにおいと明礬臭アリ 味はちょっと酸っぱい

お湯は湯畑から引いています。

感触はツルツルしていたかな。

草津ならではの
刺激的&ピリッとしたものはあまり感じられず。

でも
それが物足りないというわけではなかったです。

お湯は他のお宿や共同湯と比べて温めに感じました。

老舗ならではの風格はあるものの
スタッフの笑顔が印象的です。

作り笑いであれはできないはず。。。

*美肌満足度 ★★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧