2009年7月 1日 (水)

お宿は長湯温泉にて

Kawasemi2_3

Kawasemi1

大分で炭酸泉を徹底的に味わい尽くす旅。

お宿は長湯温泉にある 翡翠之庄(HP)です。Kawasemi3

Kawasemi7

とにかく広い!!

3万坪の敷地に1件の古民家がひっそりと佇んでいます。

あじさいが見頃を迎えていました。

Kawasemi23

Kawasemi4

部屋にあるお風呂は地下水を沸かしたものだそうで・・・

とりあえずお宿内をてくてく歩いて温泉場へ。

Kawasemi5

Kawasemi6

■ナトリウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉 Ph7.0

■サウナ付の小さな男女別浴場のほか貸切家族湯×5
(すべて源泉かけ流し100%湯ではなく一部天然湧水あり)

■無色透明の肌ざわりがソフトな湯

平日だったので貸切状態note

長湯温泉だけにゆっくり長湯できました。

*美肌満足度 ★★★☆☆

続いてお食事restaurant

Kawasemi10

Kawasemi11

食材は地のもので全て手作り。

自家製ハムはびっくりするほどおいしいheart01

Kawasemi14

地元で獲れた魚

エノハ=ヤマメ

このほかエノハ重盛りや骨せんべいなど
プチエノハ祭りでした。

Kawasemi12

Kawasemi13

薬膳スープや自家製鴨味噌など
体に優しくておいしい食事ばかり。

Kawasemi15

豊後牛ローストもやわらかかったheart01

・・・でもここまでで十分お腹いっぱいcoldsweats01

Kawasemi16

苦しいけど・・・

シメで出た幻のエノハ茶漬けをいただきました。

だって幻ってついていたしcoldsweats01

出汁とエノハのバランスが◎で
大変おいしくいただきましたheart01

Kawasemi9

夜にたっぷり食べすぎたから
朝は入らないかも。。。

・・・普段朝ゴハン食べない習慣だしな。。。

なんて心配してたけど
朝は朝でしっかりお腹が空いてました。

Kawasemi17

卵はとにかく濃厚だし
ハムは自家製でとってもおいしいし

焼き魚(エノハ)もふっくらしてたし

どれもこれも素晴らしいnote

Kawasemi18 Kawasemi19

朝からビーフシチュー?

って思ったけどあっさりめでおいしかったheart01

とにかくのんびりして
おいしいお食事に舌鼓を打って。

ひとつひとつが丁寧な仕事をしていて
心に響くものばかりでした。

夜も朝も、お料理がとにかくおいしいですheart04

帰りは

宿を後にする私たちの車を、
見えなくなるまで手を振ってくださってたのが
とっても印象的。

素朴で温かくて・・・
心から再訪したいと思ったお宿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 9日 (火)

美しいお宿

Hanayaonsen7

若干旅の記憶が遠くなってるけどsweat01

思い出しながらUPします。

7年に1度の御開帳だし
一生に一度は行っとけというし

いい機会だったのでギリギリにいった

善光寺と北向観音様

お宿は
北向観音の徒歩圏内にある

別所温泉 花屋 にしました。

以前UPした畳の温泉 柏屋別荘が
別所温泉では人気だけど、
温泉そのものを比較したら・・・

わたしは花屋で正解と思ったりnote

Hanayaonsen5

湯船だけではなくて浴室全体が大理石!!

大理石の温泉ってやっぱり素敵heart04

テンションあがります ↑

もちろんお湯もよし◎!!

Hanayaonsen3

露天も熱すぎなくてほどよい温度だったから
お花を眺めながら、温泉をしばし堪能。

Hanayaonsen1

■温泉は内湯4つに露天風呂1つ

■単純硫黄温泉 Ph 8.9

■湯口にはコップがあり飲泉可

■源泉かけ流し 少しピリッとくるけど優しい部類の湯

■ほぼ無色透明 硫黄ならでは、たまごの匂いアリ

・美肌満足度 ★★★★★
(硫黄泉で美白できるし、デトックスできます)

アメニティは豆乳湯葉シリーズのものでした。

こちらは到着すぐ、夕飯前、寝る前、そして朝と・・・

とにかくここの温泉は何度も入る人が多い!!(わたしもだcoldsweats01

何度か顔を合わせてるうちにすっかり打ち解けて
楽しい時間を共有することができました。

Hanayaonsen4









Hanayaonsen6_2









花屋というように
花いっぱいで特につつじが自慢とのこと。。。

ここでもやっぱりつつじはまた来年ね~♪でしたweep

でも金平糖みたいなお花がキレイheart04

続いてお食事。
基本的には地元の食材を使ったもののオンパレード。

Hanaayayusyoku1_2

季節の天ぷらがおいしいheart04
(特に行者にんにく)

Hanayayusyoku2

たけのこご飯も素材の味が生かされてました。

このほか信州牛とかもち豚などいただきましたが、
基本的に体に優しくてバランスよい組み合わせのものばかりnote

Hanayaonsen9

Hanayaonsen10

何度も入りたくなって
帰りたくない気持ちになるくらい温泉が素晴らしくて

国の登録有形文化財にうっとりして

大正ロマンの世界を満喫して

本当にステキなお宿でしたheart04


・・・次回はつつじが見頃の時を狙いたいなchick

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年5月 7日 (木)

向瀧レポ

Mukaitaki1

会津旅でお世話になった向瀧(HP

玄関には皇族や元小泉総理の写真があり
老舗宿の格式がたっぷり感じられます。

長い歴史を持ち
時代をまたにかける木造建築は本当に見事。

でも・・・

Kaidan1

急な階段がいっぱい。。。

でも
外も中もとにかく存在感があって迫力があります。

Yoru1

Yoru2Yoru4

こちらでいただいたのは、会津郷土料理。

キーワードは
「素朴な会津、質素な日本」とのこと。

伝統の鯉料理のほか春らしいメニューでした。

質素をうたう通りとってもシンプル

地元の素材を用いたもので、
この土地の食文化が楽しめてよかったです。

こちらの名物の鯉の甘煮、
お宿が一番力を入れたもの・・・

意外とクセはなくておいしかったですnote

Asa1

朝もとってもシンプル。

だけどなぜかひとつひとつ、心に響きました。

続いて温泉レポ、

Saru

Gensen1
Saru2

窓からは素晴らしいお庭も堪能できて半露天感覚shine

大理石で作られた浴槽も素晴らしくてテンション上がります↑

■ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物温泉 Ph8.29

(潤い補給できる化粧水の役目を果たし、肌の弾力UPでしっとり)

■きつねの湯、さるの湯のほか貸切内湯風呂×3つ
(すべて内湯のみでさるの湯が、なかでは一番温度が低め)

■源泉かけ流し、加水加温なし

湯口には白い析出物が多量に付着してました。
(芒硝泉特有のもの。同じようなものが四万の積善館にもアリ)

透明で無味無臭の温泉でどの湯も結構熱めだけど、
湯上り後はしっとりすべすべを実感できましたheart01

■美肌満足度 ★★★★☆

どの湯もレトロモダンな雰囲気が楽しめました。

故野口悦男さんが「温泉遺産を守る会」に認定しただけあって
とても素晴らしい温泉です。

このお宿、

日本建築の素晴らしさを存分に堪能できることも魅力だけど
なにより一番の魅力はここのスタッフが素敵だということかも。

女将さんも仲居さんも番頭も、
とにかく接客が素晴らしい!!

老舗にあぐらをかいているわけではなく
ゲスト目線でさりげない気遣いとおもてなし。

スタッフ一丸となって「向瀧」を創り上げて行くというのが
ひしひしと感じられました。

はじめの予約時から最後のお見送りまで丁寧だし完璧!!

多くの方が絶賛する意味がわかりました。

こちら雪の中庭がこれまた素敵なので、
今度は雪の季節に再訪したいな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

川床ランチと温泉

Harataki1

川床=京都 のイメージだったけど、
福島でも楽しめるんですねheart04

泊まった向瀧のすぐ近くにある 原瀧(HP

ここでランチをいただきました。

Harataki2

バランスのいいお弁当clover

かなりボリュームありました。

昼間はポカポカだったので
川床もとっても気持ちよかった。

Harataki3

Harataki4

ママ初登場shine

実は5月3日ってママの誕生日でしかも還暦。
(本人は事実を認めないけど・・・sweat01

今回の旅、
たまには親孝行してみました。

あ、

原瀧でも温泉を楽しんできましたよ。

Haratakiasiyu1

まずは足湯から。

結構ぬるめだけど、わりとすぐに汗ばんでくる。

Haratakionsen1

内湯の千人風呂は
手前がぬるめで奥は熱い湯でした。
(30人でも厳しい気がするけど・・・coldsweats01

Haratakionsen2

Haratakionsen3

目の前には広葉樹bud

その下には名前の由来となった
原滝の鮮烈な谷川。

滝しぶきがかかりそうなほど、結構な迫力。

■ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物温泉(硫酸塩泉)Ph7.8

■自家源泉かけ流し

■美肌満足度 ★★★☆☆

無味無臭だし一見単純泉かな?と思うけど、
浸かっていると上記の泉質だということがわかりました。

ホントは貸切風呂もあったから利用したかったけど
やっぱりGW?

当日予約ができず入れなかったのが残念weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

本日のお宿からレポ

Madokara2

本日のお宿の窓からclover

文化財の建物も
しだれ桜がギリギリ咲いている3000坪ある中庭も

とにかく素晴らしいの一言cherryblossom

本日は会津東山温泉 向瀧に来ました。

 

結構業界ツウの方がオススメされているお宿で
(某雑誌の覆面企画にもなってたし)
一度訪れてみたいと思っていたんです。

やっとお宿について一段落note

ここに来るまで、

予想はしていたものの
それをはるかに上回る渋滞でしたweep

・・・正直しんどかったけど、なんとか無事お宿に到着。

よかった、よかったnote

さ、

お宿も味わい尽くし
会津も周辺もたっぷり味わい尽くしてきますshine

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

ナイショの温泉宿

Ent1

桜が満開のときにちょうど訪れた温泉cherryblossom

ここ
温泉もお食事も雰囲気もとにかく良くて
ナイショにしておきたいところです。

なので・・・

何県のどこにあるとか
詳細はあえてナイショ。
(ごめんなさい。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。)

自分のための備忘録の日記とさせてくださいcoldsweats01

(直接のお友達にはご案内しますよnote

Gaikan1

川のほとりにある純和風のお宿。

3000坪の庭園にひっそりと佇んでいます。

K07

とにかく広いお庭には牧場もあり。

馬もいて乗馬ができます。

実はこちら

有名な神秘思想家兼哲学者の思想に基づいて作られた温泉宿。
インテリアも食事も、かなりこだわりがあり計算されています。

K03 333

野菜が本当においしいshine

こちらは個人のところから仕入れているとのこと。

みずみずしいし味も無農薬だからか素材の味がしっかり。

Curry1_2

お米は十六穀米。

カレーは野菜もビーフも
形がなくなるくらい煮込んであってとってもおいしいheart01

Sweet

スイーツも素材の味がしっかり生きていました。

お次は温泉

Kutiyu01

透明度の高い湯は光が射すとキラキラしていました。

大きな窓の内湯って開放感があって魅力的note

Roten1

露天はちょうど舞い散った桜がきれいでしたcherryblossom

■アルカリ性単純温泉 Ph9.4

■はじめはとろとろでツルツル
→だんだんヌルヌルに変わっていく肌ざわり

■飲泉してみたらしっかり硫黄臭でたまご味

■アメニティも人と環境に優しいもの

美肌満足度 ★★★★☆
(かけ流し循環ってのがもったいない、でも美肌になれました)

ここ

わたしはランチと温泉だったのでステイしていないけど
ステイしたらもっと楽しいだろうな。

魅力をまとめてみると、

・ベルギービールの種類が豊富

・ワインも豊富

・ワンちゃんOK

・素朴なお宿でリーズナブル

・都心から好アクセス

・お食事もいかにもじゃないのが斬新

・強アルカリ性泉質の美人の湯

ありそうでなかった理想の宿かもしれないtulip

あらゆるところで体が喜ぶ要素がいっぱいだし。

ラグジュアリーとはまた違った魅力が満載です。

次はステイして
じっくり味わい尽くしたいなぁと思ったお宿でした。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年4月15日 (水)

念願の梨木館

Nasikigaikan

ここ梨木温泉 梨木館(HP

食事付日帰り入浴もしているけど
基本的にお部屋利用なので、
お部屋に空きがないと日帰りは不可能なんです。

前の日か当日キャンセルが出れば利用できるけど
ここ何年も利用できた日はそうそうないとのこと。

それだけ宿泊客を惹きつける魅力的なお宿。


実はわたしも2年くらい機会を見て予約を試みるも
いっつもキャンセル待ち。

で、キャンセルならず。

そんなこんなで
こちらとはご縁がないものと諦めかけていたんだけど・・・

やはり持つべきものは友!!

これを本当に実感したのでした。

Okunosyokudo1

松さんのおかげで念願叶いましたheart04

梨木館といえば

名物がきじ

Kijisasimi1

きじのお刺身ってはじめて。
淡白なんだけど噛めば噛むほど味がにじみ出てくる・・・

これ、かなりおいしいheart01

Nasikimesi

きじのほかにも
岩魚のお刺身とか、
Wagyu1

選りすぐりの黒毛和牛も素晴らしくおいしいheart01

こちらのお料理は
奥の細道の部屋に宿泊すると
専任の料理人の方が目の前でお料理してくれますnote

黙々と仕事をなさる感じに見えましたが、
決してコワイ感じではなくいい距離感。

ちなみに奥の細道は、

Okiunohosomiti1

目の前にはデカイ(50インチを超えてる)テレビ、

エスプレッソマシーンやビールサーバーのほか
至れり尽くせりの冷蔵庫を完備。

こちらのお風呂もまぁ素敵だけど・・・

Takimi1

滝を眺めながらのんびり浸かる
露天風呂は気分爽快。

■ナトリウム・マグネシウム・カルシウムー塩化物・炭酸水素塩泉

■赤城の山に湧く緑がかった黄金色の湯は単純泉に近い

■支配人さんいわくまだまだ未完成で、
これからもっと素敵に変わるそう
(なんだかディズニーランドに近い感覚)

Utiyu2

わたしはこちらの内湯が好きheart01

この季節のスペシャル

桜のパノラマを目の前にして温泉を存分に堪能。

この開放感、
内湯ではなかなかめずらしいなぁと思ったり。

こちらの周りには何もないし
こちらの中にエステがあるわけでもない。

でも全然退屈ではないの。


ただ温泉に入ってのんびりするという
この上ない贅沢。

かなりいい感じの演出で提供して下さるところでした。

お料理も素晴らしくおいしかったし満足度高いのも納得heart01

最近温泉業界でも
とにかく低価格なお宿に
人気が集中する傾向があります。

中には正直
安かろ悪かろなところも。。。

もちろん時代を反映してのことだけど・・・

でもきちんと仕事をする、
満足を与えてくれるところには
ちゃんと選んでゲストが来るわけです。

実際こちらも相変わらず稼働率高いし。

お値段だけを見たら安いとは言えなくても
お値段に見合うものがあるならば
高いとは思えなくなるんだな~

特別なことではないんだけど
サービスにしても温泉にしても
基本に忠実かつ本当の意味でのお客様目線、

こうあるべきなのかもしれないんだろうな・・・

それがここにある。

それを梨木館で実感したのでした。

写真を見せてもらったら紅葉の季節も
言葉を失うほどキレイだったので
紅葉の季節にぜひ大切な人と来たいなheart04

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 6日 (金)

続・今話題のお宿

続いてお食事レポrestaurant

夕食、朝食は
中央に位置するレストランにて。

外を歩かなければ行けないけど
ここは浴衣でもOKです。

チェックインからずっと担当のコンシェルジュが
サービスしてくれます。

De4De5_3

 

夕食は和食と鉄板焼きを予約時に選択で
今回は鉄板焼きに。

シャンパーニュをいただきながらしばし会話しながら
お料理ができるまでを目の前で楽しみました。

De2

De6

はじめにお造りや椀物が出たあとに
伊勢海老のアメリケーヌソース。

ここですでに十分おなかいっぱいだけど
頑張って和牛もいただくsnail

何だか焼き方に見覚えあるなぁと思ったら
お話しているうちにコンラッド出身だと聞いて納得。

伊勢海老も和牛もそれなりにおいしいんだけど
量がとにかく多いsweat01
ガーリックライスのときにはもう大変。。。

料理人さんとは実は意外なところで
つながっていたことがわかり話が弾んだし
サービスもいいし
快適な時間を過ごせました。

でも
量はなくて全然いいので(足りないなら追加するし)
このお料理がとっても印象的flairみたいな、
もうちょぴっとお料理のインパクトがあったら
さらにいいのになぁとつぶやいてみる。。。

2日目の朝食clover

洋食と和食でわたしたちは
ともに和食をチョイス。

Mo4

お粥も干物もおいしいheart04

朝は質・量とも満足でした。
(でもおなかいっぱいで残しちゃったけど)

今年も引き続き注目されている
ジャパニーズモダンな温泉宿。

人気なのは
ホテル仕様のサービスだったり
雰囲気だったりするのかなぁ。

ラグジュアリーホテルをよく利用される方が
そういえば温泉に行きたくなったなぁと
思ったときにはいいかもしれない。

そんな方にはぜひ、オススメshine

でも

同じラグジュアリーなお宿なら
わたし個人としては
あさばとかかわせみがいいなぁ。

もちろんまったく違うコンセプトなのはわかるけど・・・

まだまだ和モダン宿についての
勉強がわたしに足らないのかもしれない。。。

決して不満だったわけではないけど
勝手にしてた期待が大きすぎた、かな。。。

ただどの方も
とても勉強熱心で研究している様子だったから
もう少ししたら再訪したいかも。

エステは最高だし。

機会見つけて
また違うお宿へも行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

今話題のお宿

Ahiru

ロフトでついつい衝動買いchick

相棒はすでにいたけど(ここ
何しろ歌ったりしちゃうのはだいぶ恥ずかしいのと
安定感がイマイチなので選手交代ですsweat01

というわけで、

このコたちの中から2匹を
温泉宿に連れて行きました。

以前のブログで書いた
箱根のネタです。

今回は

今、

とにかく大人気shine

一昨年末にオープンして以来
平日でもほぼ満室


さらに
あちこちで評判◎!!という

箱根翠松園と熱海ふふ

人気の秘密はどこにあるんだろう??

ずっと気になっていたんです。

迷ったけど
今回は箱根にしました。(HP)

Ent1

お宿というより
ラグジュアリーなホテルみたいです。
あらゆるところにおいて。

とにかく
たくさんの人に出迎えられました。

ここはかつて
三井家の別荘だったそうです。



およそ3000坪の敷地に
離れの棟が4つ。

箱根とは思えないほど静かで
結構な運動量になりそうな造りです。

Heya3

のーんびりお部屋で寛いだ後、
とりあえずエステへ。

このお宿にはこことふふでしか味わえない

シスレーのエステ 
が受けられるのです。

ここのエステ、
とにかく評判良かったので
ぜひと思っていました。

→ → → → →

とーってもよかった (・∀・)イイ!

Esute3Esute2 

結構たっぷり時間とってしていただいたのに
あら?20分くらいしかやってないような感覚。

とにかくあっという間sweat01

いや~ぁ、
ボディなんてエステといよりマッサージ?かも。

痛いッ!!でも気持ちイイ → 爽快note

終わってから
顔が縮小しました、ホントに。

体もとにかく軽い軽い。

こーんなに結果が出るエステ、
かなり貴重だワ。

できるならここだけ月1で通いたいheart04
(泊らないとダメですが・・・)

それくらい大満足のエステでした。

お食事はまた改めてアップするとして
お次は温泉。

■単純温泉 ph7.7(弱アルカリ)・源泉かけ流し

さらりと比較的クセのない温泉。

メタケイ酸がそこそこ(224mg)含まれている割には
大きく実感する湯って感じはしないかも。。。

■美肌満足度 ★★★☆☆

Heyautiui2

Heyautiyu3

お部屋についている温泉。
2人入るとキツイかな。
TVがついていました。

Utiyu1

内湯。

結構熱かった。

体感温度44度くらいsweat01
(源泉温度は60.4℃)

Roten2

露天風呂。

塀に囲まれています。
内湯に比べて露天だけあって少しぬるめ。
長く浸かれます。

が、

夜はライトもあんまりないので
ちょっとコワイかもと思ったり。

和風モダンとはいえ
これだけ広い敷地だから
もう少し広くて趣のある露天風呂がいいなぁと
こっそり思いながら浸かっていました。。。

あとね、
アメニティはとっても残念。

ギリシャのコレスというところのだったけど
香りがキツイのと妙にしっとり。

ロクシタンとか
ブルガリだったらもっといいのに。。。

ただ

ヤクルト&ミネラルウォーターは飲み放題ってのは
うれしいサービスですheart04

つづくchick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

温泉ソムリエ忘年会

Tokigawagaikan1

日本一のアルカリ温泉

「1日4組限定」

・・・こういう言葉に弱い(^-^;

都幾川温泉 旅館とき川 (HP) へ行ってきました。

旅館とついてるけど
今は日帰りのみです。

ここは埼玉なんですが
まるで東北にいるかと錯覚しちゃうくらい素朴。

周囲は山に囲まれ、
都幾川沿いの自然に包まれたところに
ひっそりと佇んでいます。

とっても静かで秘境感たっぷりheart04

秩父とはまた違った雰囲気です。

埼玉って広いな~ (←今さらだけど。。。)

今回は

Syugou1

温泉ソムリエの同期、
女子部忘年会でしたnote

とっても華やかshine

到着してお抹茶とお菓子をいただいた後
早速温泉へGO!

Onsen1

祝 アヒル&金魚 初登場note

期待を裏切られないすっばらしい温泉です。

さっすがPh11.3!!

強すぎのアルカリ泉は皮脂が溶け出しちゃいそうsweat01

とにかく、とろっとろでヌメヌメ。

■源泉100%加温かけ流し

■湯は無色透明 無味ほんのり硫黄臭

■しっかり湯もみをして入湯

■化粧水を超えて美容液感覚

美肌満足度 ★★★★★ (満点)

続いてお食事。

柚子薬膳料理ですshine

Kondate9gatu_1

どれもダシがしっかりで
深い味わい。

Syokuji2Syokuji1Syokuji3  

Syokuji4_2

この鶏肉のゆずジャム煮が
はちみつとかメープルとは違う
さっぱり感が◎!!


ゆずジャムおいしいhappy02

至福のひとときでしたheart04

お食事のあとも
もちろん素晴らしい温泉を
味わい尽くしてきました。



あっという間すぎの4時間。

とってもいい気分転換ができましたnote

なぜ1日4組限定なのか?

純粋にお湯を守りたいからだそう。

さすが日本一のアルカリ泉。

ずっと変わらないでいてほしいな。

キレイになりたい、
秘湯感を味わいたい、
セレブな気分を味わいたい、
おいしいものをいただきたい、

でも
お泊りできる時間がない、


そんな欲張りな方にピッタリかもshine

| | コメント (0) | トラックバック (1)