« ごほうび温泉 | トップページ | 紅茶のおいしい喫茶店にて »

2008年5月 7日 (水)

alive

最近読んだ本の中で
とても心に響いたのは、

3月30日
ジュニアさんファンのわたしは
前作「14歳」に続き
この本もぜひ読みたいと思っていました。


前作以上に響きましたよ。


引きこもりから脱出し
お笑いで生きていくと決めてからの
苦悩の日々、東京進出、
そしてバイク事故まで描かれています。

ジャックナイフはこうやってできたのか・・・


本当に起きるすべてのことに
意味があるんですね。

一生懸命に生きている人は強いです。

この本を読んで
ますますファンになりましたshine


あと、

食堂かたつむり

料理=命

この深さに感動しました。

切ないけど温かい本です。


料理で次々と奇跡を起こし
人をハッピーにさせる。

生きること
食べること

日常で当たり前と思っていることの意味を
見直しました。

ぜひこんな食堂と巡りあいたいな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2冊に共通しているのは、

すごく愛があるということ。

あと、

本気になること
信念を貫くこと
謙虚になること
腐らないこと

これらの大切さ。


やっぱり挫折を経験した人、
困難を乗り越えた人、
痛みを知る人は優しい。

お笑いにしても
料理にしても

自分の仕事において
どんなことがあっても
「好き」という気持ちを持ち続けられる人は強い。

最後に残るのは
自分に負けない人かもしれない。


ホント
いい本と出会え心がポカポカになっていますsun

|

« ごほうび温泉 | トップページ | 紅茶のおいしい喫茶店にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186915/20812231

この記事へのトラックバック一覧です: alive:

« ごほうび温泉 | トップページ | 紅茶のおいしい喫茶店にて »