« ネイルで春を満喫 | トップページ | 越後湯沢 ② »

2008年4月22日 (火)

越後湯沢 ①

006









越後湯沢にて
わたし、

温泉ソムリエの永久ライセンスをいただいてきました。

会場は、

「国境の長いトンネルと抜けると雪国であった」
の書き出しで始まる川端康成の

雪国

を執筆した旅館、
高半旅館だったのですが、
ここ
素晴らしいとこでしたよ。

館内いたるところで
「駒子」の名前が使われています。

この時期は桜が満開でとてもきれいでした。014









ということで、

わたしのときは
トンネルを抜けたら雪ではなく桜だったけど、
予想外の桜(しかも満開)に感激。

いい時期だったみたいです。

2日間の日程だったのですが
とにかく内容の濃い2日間でしたよ。

タイトルを見て勘付いた方もいらっしゃるとは思いますが、
これは1回ではまとまらないのでシリーズでまとめますね。


どうぞご覧くださいませheart04

写真は温泉ソムリエの師匠,
遠間先生から認定証を受け取った時のもので
記念の1枚です。

|

« ネイルで春を満喫 | トップページ | 越後湯沢 ② »

温泉」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。

日記楽しみにしております。
しかし、くるくるを見てほしかったなあって。

投稿: たかにーにー | 2008年4月23日 (水) 15時49分

写真の本人遠間和広です。
しまったー!僕のカメラでツーショットいただくのをまた忘れてしまいました。
これからも温泉ソムリエのアイドルとしてよろしくお願いしますね。

投稿: 温泉ソムリエ遠間 | 2008年4月26日 (土) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186915/20486153

この記事へのトラックバック一覧です: 越後湯沢 ①:

« ネイルで春を満喫 | トップページ | 越後湯沢 ② »